『夏にお茶や水だけの水分補給はダメ?おすすめの熱中症予防法とは?』

f:id:chang0717:20210724130918j:plain
 

こんにちは、兵庫県尼崎市でちょう鍼灸整体院を開業しております、院長の曹(ちょう)です。

気象庁の情報によると、兵庫県では今週の最高気温が全て30度を上回る真夏日となっているようです。

日中はすごい暑さで、外に出る気もなくなってしまいますよね。

また、最近はテレビでも熱中症に関するニュースをよく見かけるようになってきました。

f:id:chang0717:20210724131220j:plain

 

そこでこの度は、夏におすすめする熱中症の予防法について書かせていただきました。

 

「暑さで頭がクラクラする」

「汗が滝のように出てくる」

 

といったような経験がある方には、今後の対策としてもおすすめですので、お時間のある際に最後までご覧いただけますと幸いです。

 

 

【お茶や水だけの水分補給は熱中症の恐れあり!?その理由とは?】

f:id:chang0717:20210724131454j:plain

 

夏はじっとしているだけでも汗が滲み出てきて、しっかりと水分補給することが大切ですよね。 

突然ですが、人の体の水分には塩分を中心としたミネラルが含まれており、体の健康を保つためにはこのバランスが一定である必要があります。

実は、このような暑い時期は汗をかくことで、水分と一緒にその塩分も流れ出てしまうんですね。

汗が少ししょっぱく感じるのもこのためと言われています。

 

f:id:chang0717:20210724131749j:plain

 

しかし、塩分が減ってしまった体にお茶や水だけの対処を行うと、体の塩分濃度は薄くなってしまいます。

その際、塩分濃度がこれ以上薄まらないようにとバランスを取るために、体は余分な水分を尿で排出したり、飲み物を飲みたいという気持ちを抑えてしまいます。

この状態でさらに汗をかき続けてしまうと悪循環となり、知らずのうちに体の水分やミネラルが不足することで、最終的には熱中症を起こしてしまうんですね。

 

【夏の水分補給に気をつけたいポイントとは?】

f:id:chang0717:20210724131935j:plain

 

では、このような暑い時期の水分補給はどうすれば良いのでしょうか?

熱中症予防に手軽で効果的な水分補給としては、スポーツドリンクがおすすめです。

しかし、市販のスポーツドリンクは実際のところ、塩分や糖分などの量が理想とする配分よりも多くなってしまっています。

そのまま飲むと甘いせいか余計に喉が渇くといった経験ってありませんか?

なので、スポーツドリンクは水と1:1に薄めてあげることをおすすめします。

また、飲むタイミングの目安としては、喉が渇く前小まめに飲むといったことが大切となります。

f:id:chang0717:20210724132637j:plain

 

そして、夏に暑くなった体が効率的に水分を吸収するには温度も重要とされています。

おおよそ5〜15℃程度と言われており、冷蔵庫から出した時の温度を目安にしていただければ良いかと思います。

そこに、氷などを使うと却って胃腸を冷やし過ぎてしまい、逆効果となる可能性がありますのでご注意くださいね。

 

【暑い夏を乗り越える3つのおすすめ熱中症予防法】

f:id:chang0717:20210722021630j:plain

 

ご紹介させていただいた水分補給ももちろん大切ですが、日頃から体調を整えておくことも重要です。

そこで、日頃から行うと効果的となる、熱中症の予防方法を3つご紹介させていただきます。

 

①朝食をしっかりと摂る

f:id:chang0717:20210724133352j:plain

 

睡眠時に成人の1食分に相当する水分量が失われると言われています。

なので、夏の暑い時期は朝食をしっかり摂ることも重要です。

朝食を摂るだけでも食べ物に含まれる水分や塩分などで、熱中症予防となりますのでぜひおすすめします。

 

②質の良い睡眠

f:id:chang0717:20210724133819j:plain

 

人の体は睡眠によっても回復すると言われています。

しかし、暑すぎる夏は寝苦しさや寝汗をかきすぎることで、質の良い睡眠が摂りにくくなってしまい、翌日まで疲れを持ち越すことも…

このようなことがきっかけで熱中症にならないためにも、速乾性や通気性に優れた服装や寝具・冷房のタイマーなど、工夫をすることで眠りやすい環境を作ってあげることをおすすめします。

 

③直射日光を避ける

f:id:chang0717:20210724134040j:plain

 

夏の暑い時期は、帽子や日傘を使って頭や体への直射日光を避けましょう。

直接日差しが当たっている時と、帽子や日傘を利用した時の温度差は10℃近くあると言われおり、熱中症予防に効果的です。

また、帽子は蒸れることで頭付近の温度が徐々に高くなってくるため、換気するために定期的に被り直すことをおすすめします。

 

【最後に】

 最後までご覧いただきありがとうございます。

この度は、熱中症予防におすすめする水分補給や日頃の対策方法について書かせていただきました。

しかし、このようなことに気をつけていても中々体の疲れが取れないといった場合は、当院の整体や鍼灸治療をおすすめします。

もしお困りの際は、お気軽にご相談いただけますと幸いです。

 

【監修 鍼灸師 曹 将鎬】