『首の付け根の痛みは枕で解消できる?その簡単な治し方とは?』

f:id:chang0717:20210811155012j:plain
 

「首の付け根の痛みで寝るのがつらい…」

「朝起きると首の付け根が痛くて仕方がない…」

 

当院へ来院される患者さんから、このようなお悩みをお聞きすることがありました。

首に痛みがあると、寝たり起きたりといった何気ない動きをするだけでもつらいですよね。

痛みがひどくなると気分まで悪くなってしまうといった声も…

 

 

【首の付け根の痛みを解消する方法とは?】

f:id:chang0717:20210805220449j:plain

 

こんにちは、兵庫県尼崎市ちょう鍼灸整体院を開業しております、院長の曹(ちょう)です。

今回来院された患者さんにお話を伺っていく中で、

 

「枕が合ってないんですかね…?」

 

といったご質問をいただくことがあり、気になったので調べてみました。

f:id:chang0717:20210811235423j:plain

 

首の付け根の痛みでお悩みの際には、きっとこのブログ記事がお役に立てると考えております。

また、この度は枕で首の付け根の痛みを解消する方法もご紹介させていただきます。

お時間の許す際に、ぜひ最後までご覧いただけますと幸いです。

 

【首の付け根の痛みには枕の調節が重要?その理由とは?】

f:id:chang0717:20210811235500j:plain

 

医学的な論文を見てみたところ、枕を変えるだけでも首の痛みを解消できるかも知れません。

 

あなたの枕は合っていますか?/正しい眠りのための枕調整 より引用

https://www.jstage.jst.go.jp/article/faruawpsj/46/11/46_KJ00009581763/_pdf/-char/ja

”枕を調整することで頸部症状と睡眠症状及び肩こりなどの60〜80%が改善する”

 

この論文内でも書かれているように、人は一日の1/4〜1/3もの時間を睡眠に費やすことで体を休めているとされています。

その睡眠に重要な寝具の中でも、枕は特に重たい頭やそこに繋がる首を支えるといった重要な役割があります。

しかし、このような寝具が合わないままで寝てしまうと、体が休まらずに睡眠の質が下がってしまう傾向にあります。

f:id:chang0717:20210812000158j:plain

 

サイズや形の合わない靴で一日中歩いた後、足にどっと疲れが出たという経験はありませんか?

これと似ていて、枕が合わないまま疲れを溜め込んでしまった体は、結果的に首の痛みといったような不調を起こしてしまっていたんですね。

 

【首の付け根の痛みに効果的な枕を使った治し方】

f:id:chang0717:20210811235237j:plain

 

このような首の付け根の痛みを、枕で解消する方法をご紹介させていただきます。

簡単な方法となっておりますので、ぜひ一度取り入れていただければと思います。

 

①高さを合わせる

f:id:chang0717:20210811235308j:plain

枕が高すぎると顎を引いた状態となり、気道を圧迫することで息苦しくなってしまいます。

また、低すぎると次は顎が上がってしまい、常に上を向いている状態となることで首周りの筋肉が疲れやすくなってしまいます。

枕の理想的な高さは、首が床からおおよそ15°程度になる位置と言われており、首を上下に向いた時のちょうど間に位置する中間位に合わせることをおすすめします。

 

②硬さを調節する

f:id:chang0717:20210811155435j:plain

柔らかい枕で寝た後に、首を寝違えてしまったという経験はありませんか?

このように枕が柔らかすぎると、頭や首をしっかりと支えることが難しくなってしまい、始めは良くても徐々にへたってしまったり、沈んでしまうことで首に負担がかかりやすくなってしまいます。

ですので、なるべくへたりに強い素材や沈みにくいといった少し硬めの枕をおすすめします。

 

③バスタオル枕

f:id:chang0717:20210811155943j:plain

また、今すぐ何とかしたいといった際には、「バスタオル」を使った枕も効果的です。

何枚かのバスタオルを折り畳んでいただき、好みの高さまで重ねていただくだけで完成です。

バスタオルであれば理想の高さや硬さに調節できる他、今の暑い時期には汗も吸収してくれるため、蒸れで寝苦しいといったことでお悩みの方にもおすすめです。

 

【最後に】

この度は、首の付け根の痛みを枕で解消する方法をご紹介させていただきました。

この度のブログ記事が、少しでもお悩み解消のお役に立てれば幸いです。

しかし、これらのことを取り入れてみても、

 

「あまり効果がなかった」

「楽にはなるが取りきれない」

 

といった場合には、他にも原因が考えられるかも知れません。

そのような時は、当院へお早めにご相談いただければ幸いです。

 

【監修 鍼灸師 曹 将鎬】