『胃もたれや吐き気などの症状が続く時に効果的な3つの解消法』

f:id:chang0717:20210817030304j:plain

 

胃もたれでムカムカする…」

「食べると吐き気がする…」

 

このようなことでお悩みであれば、このブログ記事がお役に立てるかも知れません。

 

 

胃もたれで吐き気まで…つらい症状が続く時の解消法とは?】

f:id:chang0717:20210817030902j:plain

 

こんにちは、兵庫県尼崎市ちょう鍼灸整体院を開業しております、院長の曹(ちょう)です。

仕事終わりに自宅での冷たいビールや、またそのビールに合う揚げ物や焼肉などがあれば最高ですよね。

しかし、最近は当院へ来院された患者さんから、

 

胃もたれのせいであまり食べれなくて…」

 

といったことをお聞きすることがありました。

胃もたれが起きると食べたいのに食べれなかったり、食べると急に気持ち悪くなったりとせっかくの食事が台無しになってしまいますよね。

f:id:chang0717:20210817031137j:plain

 

そこでこの度は、胃もたれや吐き気の解消に効果的な3つの方法をご紹介させていただきたいと思います。

簡単な内容となっておりますので、ぜひ最後までご覧いただけますと幸いです。

 

胃もたれや吐き気の症状が続く訳とは?】

f:id:chang0717:20210814005347j:plain

 

さらにお話を伺っていく中で、

 

「揚げ物が好きでよく食べる」

 

といったことも教えてくださいました。

突然ですが、人は食事によって胃の中に食べ物が入ると、消化を促すために胃酸を出すとされています。

そして、今回のような揚げ物といった脂肪分の多い食べ物は、消化に時間がかかるために胃の中に長時間溜まってしまう傾向にあります。

その際、頑固な油汚れをしっかりと落とすには強めの洗剤が多く必要なように、脂肪分の多い食べ物にも消化を促すために胃酸が多く必要となります。

f:id:chang0717:20210817031426j:plain

 

また、医学的な論文では、酸は胃もたれや吐き気といった不調を起こすという報告もされています。

 

消化器の生理と漢方 より引用

https://www.jstage.jst.go.jp/article/nisshoshi/107/10/107_10_1604/_pdf

”胃内に酸を投与すると痛みではなく胃もたれ,お腹の張り,吐き気・むかむか感などの運動不全症状が出現することを報告”

 

このようなことからも、胃酸が過度に出てしまうことは胃もたれや吐き気といった症状を起こしてしまっていたんですね。

 

胃もたれや吐き気などの症状を解消する3つの方法】

f:id:chang0717:20210817030627j:plain

 

では次に、胃もたれや吐き気を解消するための方法を3つご紹介させていただきます。

どれも日頃の生活に取り入れやすい方法となっておりますので、お時間のある際にぜひ一度お試しいただければと思います。

 

①白湯を飲む

f:id:chang0717:20210817031543j:plain

シンプルですが、白湯によって胃を温めてあげることで血行を改善し、胃の働きを助けてくれる効果が期待できます。

 

②左向きに横になる

f:id:chang0717:20210817032002j:plain

胃の形の関係上、左側を下にして横になると胃への負担を軽くすることができ、消化が促される働きがあるとされており、胃もたれでお困りの際にはぜひおすすめします。

 

③お風呂に浸かる

f:id:chang0717:20210817032105j:plain

お風呂に浸かることで全身を効率よく温めることができ、血行が良くなることから胃の調子が改善される可能性があります。

目安としては、40度ほどの湯船に10分程度浸かることをおすすめします。

 

【最後に】

最後までご覧いただきありがとうございます。

この度は、胃もたれや吐き気に効果的な解消法についてご紹介させていただきました。

しかし、これらのことを取り組んでみても、

 

「中々解消されない」

 

といった際には、他の原因が考えられるかも知れません。

そのような時は、当院へお早めにご相談いただけますと幸いです。

 

【監修 鍼灸師 曹 将鎬】