『立ち仕事による足の疲れやむくみを解消するマル秘対策とは?』

f:id:chang0717:20211017160222j:plain

 

「立ち仕事のあとにすぐ足が疲れる…」

「足のむくみで立ち仕事がつらい…」

 

もしこのようなことでお困りであれば、この度のブログ記事がきっとお役に立てると考えております。

 

 

【立ち仕事による足の疲れやむくみを解消する対策方法とは?】

f:id:chang0717:20211017160305j:plain

 

こんにちは、兵庫県尼崎市ちょう鍼灸整体院を開業しております、院長の曹(ちょう)です。

お仕事で立ちっぱなしが続くと、どうしても足が疲れたりむくんだりと困ってしまいますよね。

ひどい時には、

 

「足の疲れやむくみで夜も眠れなくなる…」

 

といった声もお聞きすることがあります。

f:id:chang0717:20210917011053j:plain

 

そこでこの度は、このような立ち仕事による足の疲れやむくみを解消する対策方法についてご紹介させていただければと思います。

簡単な内容となっておりますので、ぜひ最後までご覧いただけますと幸いです。

 

【立ち仕事が続くと足の疲れやむくみを起こしてしまうのはどうして?】

f:id:chang0717:20211017160520j:plain

主に人の体の60%は水分でできていると言われています。

その水分の中に血液も含まれており、全身に隈なく巡っているんですね。

また、その血液の中には「栄養」「酸素」が含まれており、この2つは筋肉や内臓を働かせる上でなくてはならないものとされています。

では、足の疲れやむくみとはどのような関係があるのでしょうか?

 

f:id:chang0717:20211017160548j:plain

突然ですが、”田んぼ”をご覧いただいた経験はないでしょうか?

あれって、川から流れてきた新鮮な水を溜め込んでいるとされています。

そして、稲(いね)がその栄養豊富な水から養分をしっかり吸収することで元気に育っているんですね。

これと同じように、人の体も常に新鮮な血液が全身を巡ることで良い状態を保てると考えられています。

しかし、立ち仕事のように長時間の立ちっぱなしが続いてしまうと、川の流れを遮られるように血液の巡りも悪くなってしまいます。

 

f:id:chang0717:20211017160620j:plain

その結果、田んぼの水が淀んでしまうように、巡りが悪くなった血液も足元にどんどん溜まってきてしまうんですね。

その溜まった余分な水分が血管から漏れ出ることで、足の疲れやむくみといった症状として現れてしまうと考えられています。

 

【立ち仕事の方にオススメ!足の疲れとむくみを解消するマル秘対策法】

では、このような立ち仕事による足の疲れやむくみを解消するための対策方法について、2つほどご紹介させていただきたいと思います。

 

①1時間に一回はその場で足踏みをする

f:id:chang0717:20211017160653j:plain

1時間に一回足踏みをすることで、血液を溜め込まずに巡らせることができます。

これだけでも足の疲れやむくみを解消・予防することが可能となりますので、ぜひ一度お試しください。

 

②水を小まめに飲む

f:id:chang0717:20211017160723j:plain

よくこのような場合、

 

「水って飲みすぎると余計にむくむんじゃないんですか?」

 

といったことをお伺いすることがあります。

おっしゃる通り、一度にたくさんの水を飲みすぎると人の体はむくんでしまう可能性があります。

しかし、花も一度にたくさん水をあげてしまうと傷んでしまいますが、小まめにあげることですくすくと育ちませんか?

f:id:chang0717:20211017160826j:plain

これと似ていて、人も小まめに水を飲むことで体の代謝をアップすることができます。

代謝が上がることで血行も改善され、足の疲れやむくみも解消される効果が期待できます。

 

目安としましては、人は1時間に80ml〜120mlの水を摂ると良いとされています。

また、人が水を飲む際のひとくちはおおよそ20mlとも言われています。

ですので、

 

”10分〜15分に一回はひとくち水を飲む”

 

といったことを意識していただけると良いかと思います。

 

【まとめ】

立ち仕事による足の疲れやむくみを解消する対策方法のまとめとしまして、

 

①1時間に一回はその場で足踏みをする

②水を小まめに飲む(10分〜15分にひとくち)

 

といったことを取り組んでいただければと思います。

 

また、今回のブログ記事の内容を動画にさせていただきました。

対策方法のみであれば、動画の02:25付近となっておりますので、お手隙の際にご覧いただけますと幸いです。

youtu.be

 

【最後に】

この度のブログ記事が少しでもお悩み解消のお役に立てれば嬉しく思います。

しかし、これらのことを取り組んでみても、

 

「一向に改善されない…」

 

といった際には他にも原因が考えられるかもしれません。

そのような時は、当院へお早めにご相談いただきますと幸いです。

 

【監修 鍼灸師 曹 将鎬】